ゴダール&トリュフォーの「水の話」@ひめじ国際短編映画祭

上映予定作品速報!

映画祭本番まであと2カ月切りました~~。
上映予定作品、どんどんあげていきますよ~~!!!

まず第一回目は毎年恒例、大人気のフランス短編特集の目玉作品。
毎回ワンパターンで恥ずかしいですが、お馴染み、ヌーヴェルヴァーグの
巨匠お二人の幻の共同監督作品!





(c) Les Films de la Pléiade

水の話(Histoire d’eau)
ジャン・リュック・ゴダール&フランソワ・トリュフォー/1958年/12分/


洪水に見舞われた町からなんとかパリへ行こうと奮闘する女の子は、ヒッチハイクで捕まえた男の車に乗ってパリを目指すが、ここは愛の国フランス。男と女の出会いは常に恋の始まり?洪水の記録映像も、楽しいピクニックに変えてしまう軽快な会話とスタイリッシュな映像は、この二人ならでは!とうなずいてしまう、可愛い作品です。

ヌーヴェルヴァーグを代表する監督として特に人気の高い2人による唯一の共同監督映画として貴重な作品!

新聞に掲載されたパリ郊外の洪水の写真を見たトリュフォーが「この洪水を利用して映画を撮るべきだ」と言いゴダールがそれにのったという、青春期の若者の瑞々しい感性が溢れる作品。即興的に撮ったものの、映画にはならないと諦めてトリュフォーが一日半で切り上げたものをゴダールが編集した。撮影はトリュフォー、編集と音楽はゴダール。

お勧め理由:洪水の記録映像も、楽しいピクニックに変えてしまう軽快な会話とスタイリッシュな映像は、この二人ならでは!とうなずいてしまう、可愛い作品。水に浸ったパリの映像も素敵。



★フランス短編特集/約90分、鑑賞チケット2枚★
上映予定日:5/26(土)・5/27(日)
上映会場;イーグレひめじ あいめっせホール(280名)、姫路文学館講堂(250名)

フランス短編特集では、この他にも、フランス映画界の期待の若手監督の作品を5~6本上映予定。軽快な恋愛コメディから、社会派アートアニメーションまで、フランス映画の多彩な魅力をご紹介します。

上映日時、場所の詳細は近日中に映画祭HPで発表しますのでお待ちください!

前売りチケットは、1枚500円の鑑賞券を映画祭事務局(079-281-0876)にて販売しております。当日券は1枚600円となります。
本プログラム鑑賞を希望の場合は2枚ご購入ください。

プログラム概要はこちらから。
お得な前売り券の数には限りがございますので、お早目にお求めください!


映画祭の各種イベント案内はこちら。

世界各国から集めた短編映画の他にも、大手前公園では、多国籍な食のブースが集まる、シネマルシェ、野外ライブなどもあって、子供から大人まで一日楽しめる文化イベントです!

お楽しみに~~。








ピカピカ ブログランキング参加中。映画祭を応援してくださる方、クリックお願いします。ピカピカ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へにほんブログ村 映画ブログへ
同じカテゴリー(2012映画祭上映予定作品)の記事画像
初心者向けアート短編 作品紹介  
フランス短編パノラマ上映作品
フレデリック・バック特集「木を植えた男」他
公募コンペ入選作品発表!
世界の短編パノラマ
ゲスト監督、審査委員長決定★横浜聡子監督
同じカテゴリー(2012映画祭上映予定作品)の記事
 初心者向けアート短編 作品紹介   (2012-05-04 13:00)
 フランス短編パノラマ上映作品 (2012-05-04 10:00)
 上映プログラム&入場料一覧発表! (2012-05-03 11:00)
 フレデリック・バック特集「木を植えた男」他 (2012-05-01 10:00)
 公募コンペ入選作品発表! (2012-04-28 10:00)
 世界の短編パノラマ (2012-04-26 09:30)

Posted on 2012年04月12日│コメント(0)
«次に新しいのんひとつ前のん»
関連カテゴリー:2012映画祭上映予定作品

あなたの声をぜひおよせください

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。